採用担当の教科書

採用日程改訂で要注目!優秀な内定者の流出を止める方法とは

480326953

新卒採用活動も本格化し、会社セミナーを続々と開催している会社も出てきている頃ですね。
よく新卒採用では早い時期に集まってくる学生は優秀だと言われていますが、それは本当なのでしょうか。
また、そのような学生が他社へ流出しないよう引き止める方法についてご紹介します。

早期にセミナーに参加する学生は優秀なのか

早期にセミナーに参加する学生にはどのような特徴があるのでしょうか。

学生の中には、学部学科によっては学校推薦任せでろくに就職活動をしていない学生が多くいます。
更に、大学院へ行くのか公務員になるのか、別の夢を追いかけるのか、将来の道を決めかねていて、就職活動も終盤になってやっと活動を始めるという学生も中にはいます。

そのような学生に比べたら早い時期に業界研究を初め、自分のやりたい仕事を詳しく知るためにセミナーに参加してきている学生にやる気や意欲があるのは明白です。

早い時期にセミナーに参加しているほど、その業界や仕事への志望度が高いと見て良いでしょう。

採用活動後ろ倒しの影響で学生の繋ぎ止めがより重要に

2016年度の採用活動から大幅な後ろ倒しが倫理憲章で発表され、正式な選考開始は8月1日以降とされています。
ですが、その前に選考を開始し、いち早く内々定を出している企業も実際には多いはずです。
その場合は内々定を出しても8月以降に選考を開始した企業への流出の可能性を考えないといけません。

特に学生に人気のある大手企業ほど倫理憲章に沿った採用スケジュールにする傾向にあります。

早期に優秀な学生にセミナーに参加してもらい、いち早く内々定を出しても内定式まで辞退をされないような工夫が必要になってくるということですね。

他社に行ってしまわない工夫を

早い時期にセミナーを開催し、最終面接を早い時期に実行することで他社よりも早く内々定を出すことが可能です。
ですが、その分だけ、内々定の決定から内定式の実施までに期間を要します。

優秀な学生が他社に行ってしまわないように、この会社で働きたいという気持ちを実感してもらう場やきっかけを提供し続ける必要が出てきます。
学生に自社の魅力を伝え続ける手法として以下のようなものはどうでしょうか。

・メールやアプリを利用して会社の最新ニュースを届ける

・先輩社員との本音の座談会を内定式までに数回行う

・内定者の両親にも会社についての案内や入社後の仕事内容についての案内を行う

・内定式前に内々定者だけのインターンシップを行い、実際の職業体験をしてもらう

・役員との懇親会を行う

会社によって事情はさまざまでしょうが、ぜひ自社に合った魅力を伝え続ける方法を早い時期から導入してみて下さい。

今年度は学生の争奪戦が過激に

今年度は大幅なスケジュール改訂の初年度のということもあり、どの会社も戦々恐々としています。
優秀な学生の争奪戦は今まで以上に激しいものになるかもしれません。

内定辞退者を防ぐためにぜひ新しい方法を今年度は導入してみて下さい。
内々定を出してからすぐに何らかの対策を講じられるとよいですね。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top