採用担当の教科書

自社の動きを把握しよう!貸借対照表の用い方とは

158217439
よく使われるけれど、いまいちわかりづらいキーワードありますよね。
本記事ではそんな悩みを解決するため、サクッと読める量でわかりやすく解説してまいります。
今回のキーワードは「貸借対照表」です。
前回の記事「損益計算書」とともに、大切な資料となるため、しっかりとチェックしていきましょう。

貸借対照表とは

貸借対照表とは、企業の会計時における“お金の使い方と集め方”を表したものです。
英語では「balance seat」と呼ばれ、B/S(びーえす)と省略します。
損益計算書では1年間の経営成績を開示するのに対し、貸借対照表では今までの蓄積を表します。

貸借対照表の読み方

貸借対照表には、大きく分けて3つの項目があります。
それが資産・負債・純資産と呼ばれるものです。
簡単に説明すると、以下のようになります。

資産
集めたお金の使い道を表します。
現金のみならず、売掛金や建物・株式なども含まれます。

負債
他人に借りたお金を表します。
買掛金や社債が含まれます。

純資産
自分のお金(返す必要がないお金)を表します。
自社の株式や、今年度の利益が該当します。

図 貸借対照表の仕組み

資産

負債

純資産

ここで重要なのはバランスです。
業種にもよりますが、気を付けなければならないポイントは以下の3つになります。

・資産のうち、流動資産は適正か

流動資産とは現金、売掛金などすぐに換金できるものを指します。
(売掛金とは、後でお金を貰える権利のことです。いわば他社に貸したお金ですね)
これが少ないと支払い費用などに困り、倒産してしまうこともあるのです。

・負債のうち、短期借入金は適正か

短期借入金とは、1年以内に返さないといけないものを指します。
これが多すぎると、お金のやりくりに困ってしまう可能性が高いです。
結果、無理に経費を削ることに繋がることがあります。

・純資産と負債の比率は適正か

純資産が多すぎても、少なすぎても企業経営は健全とはいえません。
個人の感覚によっては、借金である負債は少ない方がよい、と感じるかもしれません。
ですが、企業は負債を使ってより多くの資産を獲得することで、たくさんの利益を生み出すことができます。
負債がない、ということは、それだけ成長の速度が遅くなってしまうリスクをはらむ、ということを知っておきましょう。(もちろん、負債が多すぎてもいけませんが…)

人事が知らないといけないワケ

損益計算書とともに、自社の状態を把握するのに大変役立つ資料になります。
特に、細かい数値の読み方よりも、毎年の動きを知ることが重要です。
明らかに現金が減っている、負債が増えている…というときは要注意。
採用費用を減らした方が良い可能性があります。

採用には多くの費用がかかるため、財務も考えながら採用計画を練ることも必要です。
自社の採用費が適正か、今一度考えるきっかけを作ってみてはいかがでしょうか。

上田一輝

上田一輝

大学にてバイオテクノロジーを学び、首席卒業。しかし”人の力を生かし、幸せを創る”経営学に興味を持ち、転向。イオングループに入社し、人材管理・店舗マネジメントに携わる。その後独立し、講師として活動を開始。業界最年少ながら研修会社や予備校など、年150回、累計1000回の経験を持つ。また、ボードゲームを用いた研修事業「ナレッジゲームズ」も展開している。詳細はhttp://uedakazuki.com/

Return Top