採用担当の教科書

中途面接でのあるある回答!前職の退職理由の真意に迫る!

177852070
中途採用での面接では必ず退職理由を聞く会社がほとんどでしょう。
しかし、この質問に対しては本当の理由を答えない受験者が実際には多いです。

なぜなら「仕事が嫌で辞めた」とか「人間関係が辛くて辞めた」とは言いづらいからです。
この質問に対する回答の捉え方のポイントについてご説明していきます。

「キャリアアップのため」という答えの真意は?

最も多いのはこの回答です。
無難でもありますし、非常に前向きな理由で会社を辞めたということにもなり、退職のマイナスなイメージを払拭できそうですね。

しかし、これはどこまで本当の思いがあるのでしょうか。
具体的にはどんなキャリアを積んでいきたいのか、キャリアップのために自分でどのような業務経験を積んでいきたいのかを具体的に聞いてみて下さい。

突っ込んだ質問をすることでキャリアップに対する本気度が見えてきます。
うまく答えられない場合や変わらず抽象的な回答しか出てこない場合も多々あります。
そんな場合は前向きな理由で退職したと思わせるために「キャリアアップのため」という言葉を使っていると思ってよいでしょう。

「他にやりたい仕事があった」という答えの真意は?

前の仕事は自分が本来やりたい仕事ではなかった、だからこそ今回応募する職種の仕事がしたいという理由の回答も実に多いです。
しかし、これもどれだけ本気の思いがあるのでしょうか。

その職種に携わることでどんなことを実現したいと思うのか、この職種に就くために実際に努力していることはあるかを聞いてみましょう。
本当にこの職種への熱い思いがあればすらすらと答えが出てくるはずです。

言葉に詰まったり、ホームページのコピーのような言葉しか出てこなかったりする場合はこの職種に対する思いがそんなに強くはないのかもしれません。
実際にこの仕事に就いても、また「本当はこの仕事がしたくて」と他社を受けに行く可能性もありますね。
 

「家庭の事情や通勤事情のため」という答えの真意は?

家庭の事情で残業のある職種はできないから、家から通勤しやすいところに転職をしたくて、などと不可抗力の理由を告げる回答も中にはあります。
これはその理由のまま信じるのではなくもう少し詳しく事情を聞きたいところです。
そのような大義名分を堂々と掲げればそれで転職することの正当化になるのでしょうか。

そんな時は「他に辞める理由はないのですか」と聞いてみましょう。
「ないです。」と言い切る人はそんなにいないはずです。

必ず、他の「それらしい理由」を言い連ねてくるはずですが、辞めた理由は最初に掲げた大義名分しか用意していない場合が多いのでその場で思いついたことを言っているだけかもしれませんね。

このやりとりを通して、本当は他に辞めた理由がありそうだと感じられれば何らかのネガティブな理由で辞めたのでしょう。
そういった不可抗力の理由をあげる回答でも、さらに詳しく状況を尋ね、本当に辞めた理由はそこだけなのかを確認してみましょう。

回答に対してさらに詳しく質問をすることが大切

中途採用ともなると受ける人も面接に慣れています。
表面的な回答だけではなく更に詳しく状況を聞いてみましょう。

その回答が受験者の現在の状況を更に詳しく採用担当者に伝えてくれるはずです。
特に中途採用の面接では言われた理由をそのまま鵜呑みにしない癖をつけていくことが必要です。

「新卒採用の手引き」運営局

「新卒採用の手引き」運営局

採用担当者向け採用ノウハウサイト「新卒採用の手引き」運営局です。採用担当者や人事向けに採用ノウハウや採用関連ニュースの情報を配信しています。

Return Top